History - ノグチ美術館の歴史

Image: 
Description: 

ノグチ美術館は、国際的に著名な日系アメリカ人美術作家、イサム・ノグチ(1904-1988)により自身の生涯の代表作といえる作品群を展示するために設計・設立されました。1985年に開館、当館は元来工場だった建物を利用した部分とノグチが新たに設計した建物と庭園から成り立っています。クイーンズ地区のロング・アイランド・シティという活気あふれる地域に立地するノグチ美術館は、その存在自体がノグチの最も重要な作品のひとつといえるでしょう。ロング・アイランド・シティは今日ではソクラテス彫刻公園、スカルプチュア・センター、MoMA PS1、映像美術館といった様々な文化機関を擁していますが、ノグチ美術館の設立によってノグチはこの地域の活性化に最初に着手した先駆者としての役割も果たしました。

ノグチの指揮のもと、美術館は10部屋の展示室からなる建物と野外彫刻庭園が有機的に融合した設計デザインとなっています。これはノグチが自分の作品の理解には欠かせないと思い描いていた環境を実現しています。当館はくつろいだ心地でじっくりとノグチの彫刻・デザイン作品と向きあえる空間です。ノグチ美術館に到着すると、来館者はまず彫刻庭園に迎えられ、ゆるやかに歩調をすすめるとおよそ2,500平方メートルの広さの2階建ての本館建物に入ります。1階展示室と彫刻庭園では収蔵作品を常設展示し、2階展示室では2004年から特別企画展覧会を定期的に開催し、ノグチの作品を多彩な側面から捉える試みを続けています。
 
ノグチ美術館はノグチの作品に関する理解を深めるための国際的機関でもあり、ノグチの視座と構想、彫刻と公共空間づくりの実績、そして後世の美術作家への影響を明らかにすることに尽力しています。より広い層の関心を喚起するため、当館では成人の来館者だけでなく子供たちを対象とした各種教育普及事業、手話通訳の同行、視覚障害者のための「作品に触れるツアー」、またニューヨーク市の公立学校と提携した取組み等を積極的に行っています。

開館以来20年間、ノグチ美術館はノグチ本人が設立し個人で運営していたイサム・ノグチ財団の活動と位置づけられていました。2005 年にノグチ財団とノグチ美術館は完全に統合され、ニューヨーク州から美術館として、また連邦政府からは公共の非営利団体として認可を受けました。今日、ノグチ美術館(正式名称はイサム・ノグチ財団および庭園美術館)は世界で最大のノグチによる彫刻、建築模型、舞台デザイン、素描、家具と照明器具のコレクションと、資料アーカイブを収蔵しています。他の機関での展覧会への作品の貸出しを通して、美術コミュニティへの国際的な貢献担うともに、ノグチ美術館主催の巡回展覧会の企画も手掛けています。ノグチ研究の振興を目指し、研究者には記録文書、手紙、手記、写真を含む膨大なノグチのアーカイブの公開も行っております。

ノグチがデザインした製品の多くは、当館のミュージアムショップで入手が可能です。ノグチが1950年代に日本で和紙と竹枠を使って産み出した AKARI(アカリ)ランプ、ハーマン・ミラー社が製造を続けているイサム・ノグチ・テーブルを始めとした家具類、またジョージ・ネルソンやチャールズ&レイ・イームズといった他の20世紀半ばのデザイナーによる家具とオブジェも取扱っております。ショップでのデザイン製品の売上げは、すべてイサム・ノグチ財団と庭園美術館の運営支援にあてられます。 

美術館年表

ノグチ美術館の歴史上、節目となった重要なイベントをブラウズできます(英語のみ)

Matrix code: 
02.01